アサウラの生存観察室

皆様の優しさによって生かされている者の記録です。

まずい……風邪をひいたかもしれぬ……。

新刊でた後の更新でいきなりこんなんっていうのもアレなんですが、寒気がする……。

といいますのも、今日、何か、唐突に
『……あ、今の自分には何か音楽が必要だ……』
 と、まぁ、神の啓治的なものを受け取ったというか感じ取ったというか……。

 丁度ツタヤの半額キャンペーンということで、ツタヤまで行ったんですがね。
 めちゃくちゃ雨降りまくっておりまして、まぁ気にせずに自転車で行ったんですが、駄目っぽい感じです。
 とりあえずツタヤでディパーテッドのサントラを借りてきました。

 問題はその後、聞きながら飯(麻婆豆腐)を作ったんですが、当然タオルで拭くとか服を着替えるとか極めて良質な思いつきが出るわけもなく……。
 しかも豆板醤だと思って買ってきたものが、実は何か違う不思議な物質を買ってきてしまって、麻婆豆腐が全然辛くない。これはいけない。ということでとりあえず手元にあった一味唐辛子をありったけぶちこんだたら大変辛くなっちゃいましてね。
 まぁ、がんばって食べまくったわけなんですが……辛い、熱い、ファイヤー。
 もう汗が流れまくりです。もうサウナかっていうぐらい。

 問題はその後、サントラを聞いていたんですが、当然タオルで拭くとか服を着替えるとか極めて良質な思いつきが出るわけもなく……。



結果:悪寒。


 とりあえず、ちょっとビタミン剤飲んで、寝ます。

(´・ω・`)…。o○(最近生野菜とか食べてなかったからかなぁ、栄養が偏っていたせいかも)
スポンサーサイト




 本日2月22日、スーパーダッシュ文庫様より

『ベン・トー サバの味噌煮290円』
イラスト:柴乃櫂人 様
文:アサウラ


 発売となりました。
 北海道を初めとした遠方の地域では来週頭に店頭に並び出すことかと思いますので、今暫くお待ちください。


 今までと違って今回は、一発の銃弾も、一滴の涙も、一人の死もない、そんな平和な内容になっています。


 どうぞ、皆様、よろしくお願いいたします。
 実はアキカンの作者である、藍上氏が現在東京にいるんだそうですよ(私共ども第五回のSD新人賞の受賞者様です)。
 んで、それは聞いていたんですが突発的に「週末遊びませんか?」ときたもんだ。

 いえね、実は土曜日には埼玉に住んでいる大学のゼミ仲間が引っ越しするんでその手伝いをする予定だったんで、体力的に持つかなぁ、と。

 そうそう、先にそっちの話をしませう。
 そのゼミ仲間ってのは、黄色い花の紅やバニラのあとがきでも登場しているフジタ君でしてね、在学中には大変お世話になった人です。

 んで、その人が社員寮から社宅への引っ越し、ということなんですがね……その社宅ってのがエレベーターなしの四階ってんだから辛い辛い。
 加えてその社宅ってのがありえない。唯一広くて安い、という利点があるものの、他のいくつかの所が素晴らし過ぎる。
 建物自体は古いが、結構手が入っている様子。ただ、その手を入れたのが、どうも住人が個人でやっているみたいで微妙にサイズの合っていない床材とか、両面テープで乱雑に貼り付けてある押入のシートとか、汚れすぎて注水できない野外におかれた洗濯機とか、和式トイレを無理矢理洋式化していたり……しかもこのトイレってのが屋上のタンク?から水圧のみで流すタイプらしく、水量に大変不満が(その部屋の上が屋上)。

 とどめがお風呂ですよ。
 実はここ、社宅、つまり社員が代わる代わるはいるわけですから、いってみれば身内も同然。家賃も格安、ゆえに清掃業者が入っていなくて部屋全体が小汚かったんですよ。
 んで掃除していたんですが、なにげなくお風呂の蓋を取ってみると……

 何故かたっぷりの水が。

 さらには謎の毛が養殖場の稚魚のごとく浮遊しまくりです。
 思わず蓋から手を放して飛び退きましたからね。悲鳴を上げなかったのが奇跡ですよ。
 だって、ねぇ。まさか水が張っている上に長い茶髪や縮れた毛とかがパーティしているなんて思いもよらず。
 おまけに水面には謎の膜

 そんな時、一緒に来ていた青森出身のナイスガイが勇気を振り絞ってそのお風呂の栓を抜いたんですよ。
 するとさらなるブービートラップが発動。
 何故か、ナイスガイの足下に水が襲いかかるではありませんか!しかも毛の支援攻撃付きですからね。
 その攻勢はまるでナチスドイツの電撃戦を彷彿とさせます。

 もうどこから突っ込んでいいのかがわからない。
 エアコンの後ろには何故か新聞が挟まっていて、よく見たらその隙間から外が見えるとか、収納を貫くようにガス管が通っているとか、インターフォンにマイクはついているけれどスピーカーがついていないとか、しかもそのドアの郵便受けには隙間が空いているとか、トイレの電気は付くんだけどスイッチ切っても消えないとか、そこの換気扇は蓋とかそういうナイスなものなんてなくって常時外からの空気を招き入れているとか、設置されていた湯沸かし器に排気口がついていなくて一酸化炭素を室内に垂れ流している自殺マシーンとか……はっきりいってわけがわからない。
 私達を笑い殺す気か、という……。

 ただ、四階なもので窓からの景色は大変良いものです。加えて午後からなら燦々と日射しが入ってくる素敵仕様。周りも埼玉ですが、北海道を彷彿とさせる田舎仕様、近所にはマニアックな商品を並べているレンタル店とか、一部に目を瞑ればなかなか良い物件ではないでしょうか。

 どうでもいいですが、このレンタルビデオ店。何故かエロアニメのコーナーが普通のアニメコーナーと並列している謎の仕様でした。




 さて、ようやく話は藍上氏のに戻ります。

 まぁそのままちょろちょろっと行ってしまっても良かったんですが、どうせなら連絡先もわかっている三上さん(詳細はリンク先を)も呼んでしまおう、ということでメールをしてみたんですよ。
 そしたら、

「行く行く、僕ニートだから時間一杯あるよ!」 (意訳かつ一部改稿)


 とまぁ、そんな感じで即答しましてね。
 なんか自身のブログとかでは他に仕事を持っているとか、そんな調子こいたことを言っていますが、そんな人が五ヶ月で4冊も本を出せるわけがない!
 もう、ちょいちょい中途半端な嘘をつくからあの人には困ったものです。むしろ「本を出している」という方が嘘だと言った方がリアリティがありますよ。誰か言ってあげてください。

 んで、その日。
 1,2ヶ月ほど季節を先取りしすぎた薄着で現れた藍上さん及び三上さんと秋葉原で久しぶりに再開。

 まぁ、ぶっちゃけ何を目的として集まったのかよくわからない会合だったので、とりあえずカフェ的なところへ。

 ……そこで飲んだア○スガイだかク○ルガイとかいう、コーヒーにミントを入れた飲み物は二度と頼むまい……
 
 んで、三人の内二人が、二月に出すってことで新刊の話になったんですが……


三上氏「何故貴様は自分の新刊を持ってこないのだ!」

私「ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル あ、いえ、その……何となく、普段遊びに行くような感覚で来てしまったので……その……じゃ、ちょっとそこら辺で買ってきましょうか

三上氏「まだ売ってねぇよ!!」


●ベン・トー サバの味噌煮290円(しかし定価は620円)
 2月22日発売予定(北海道では土日を挟むので26日ぐらいになる恐れ)

 柴乃櫂人様の素晴らしいイラストが目印でございます。


三上氏「持ってないんだったら貴様のその鞄の中には何が入っているんだ!?」

私「ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル えっと、ティッシュと、ペンと、メモ帳と……さっきそこでもらったダイソンの袋と、チュッパチャプスと手袋と……あと夢と希望」

三上氏「ヽ(`Д´)ノ」


 ……まぁそんな感じで半日ほど長々とくっちゃべっていました。


 どうでもいいですが、あるショップの人混みの中に勇んで突き進んでいく藍上さんを見ると『彼が若いのか、それとも自分が老いているのか』と自答せずにはいられません。
 私と三上さんはエレベーター前の通路で、休んでいましたからね……。
 アサウラは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の者を除かなければならぬと決意した。アサウラには政治がわからぬ。アサウラは、北海道出身である。TVゲームをし、犬と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。きょう黄昏時アサウラはアパートを出発し、野を越え山越え、数百メートル離れた駅前にやって来た。

 ……とまぁ、冒頭から走れメロスのオマージュから始まったわけですが、とりあえず、事件ですよ。

 大事件ですよ!

 
 部屋があまりに汚たくて、作業する気になれなかったんで掃除をやっていたわけなんですが、そんな時、コーラにくっついていたクーポンを見つけまして駅前にある某ファーストフード、●ックに行ったんですよ。
 まぁ、晩飯に●ックというのもどうかと思う方がいるかもしれませんが、気にしません。

 持ち帰りだったんで、家についてテレビ見ながら食べ始めたんですが……チーズバーガーを食べ始めた時です。
 違和感を感じました。





チ、チーズが入ってない……!!
















 ヽ(`Д´)ノ











 これ程までに残酷な裏切り行為がかつて日本史上にあったでしょうか。
 恐ろしいことに、バーガーの包装紙はきちんと『チーズバーガー』と書かれているんですよ!!
 
 この世の終わりかと思いましたね、マジで。
 一体どの段階でミスが発生したのか、いや、それとももしや意図的なのか……可能性は数多。
 もう、ね。
 毒入りカレーやら毒入り冷凍餃子事件なんてもう過去の話、今の最新ニュースはチーズ抜きチーズバーガー事件ですよ!


 もう居ても立ってもいられなくて、まずハンバーガーを食べて尽くして、大学の先輩に連絡して事の次第を伝えたんですよ。
 そしたら……






先輩「……小せぇ」






 (´・ω・) ……。


 いえね、相変わらず親知らず以降毎週歯医者に通っているんですよ。
 親知らず二本抜いて、親知らずの影響で虫歯になった部分を治療するだけで終わりだと想っていたんですよ。
 ……そしたらですね、何故か痛くない歯を二本治療されちゃいましてね……。

 まぁ、虫歯になりかかっていたそうなんでいいんですが……。

 んで、今日、奥歯の一本を治療したんですよ。
 削られた後に型取られて、銀色の金属みたいなのをのっける感じで二週に渡って治療したわけなんですが……




 ……帰宅後五分で取れましてね……


 うぉぉおぉおお!ってなもんですよ。
 とりあえず再び取れたそれを持って歯医者に行ったんですが、私を担当しているご老体の医院長はいなくなっていまして、代わりに若い男の先生がいらっしゃたんですよ。

 んで、状況をお知らせしたところ、早速治療開始。
 ただ、この歯はそんなに虫歯の箇所が大きくないので、この銀歯を被せるぐらいなら白いのを注入した方がいい……と、まぁ凡人には何を言っているのかわからないことを言われまして……。

 了承してみたところ、削り取った部分に不思議なものを注入されて、何かよくわからない電子機器を使って固めた……のかな?
 そんな感じであら不思議。銀歯と違って、どこを削り取ったのかわからないぐらい綺麗に削られた部分が埋まっていましてね。間違ってもポロっと取られるような感じはないんですよ。

 ……何故こんないいものがありながら、医院長は二週間もかけて銀歯を……。


 ……いっそのこと今後もこっちの若い先生がやってくれないですかねぇ……。



 とりあえずこれから新しく見つけた激安スーパーで買った、不自然に安かった中国産冷凍餃子を喰うとします。
 先日のことなんですがね。

 生意気に東京で雪なんか降りやがりましたよ!

 朝起きたら微妙に積もってるという、この生意気具合。
 前日のテレビでは……

三センチから五センチ程積もる大雪の恐れ

 インフレというかデフレというか……、北海道でその程度の雪を大雪と表現する人はたぶん、どこにもいない……。
 それはさておき、そんな日に夕飯のおかずを買いに町へ出たんですよ。
 そしたらいつもなら人で溢れている商店街に閑古鳥が鳴いてやがりましたよ。えぇ、午後七時ぐらいなのにもう深夜かと思うほどです。
 おまけに商店街の一部チェーン店以外の店、全部閉まってるのね、コレが。
 シャッターには張り紙がしてあって
 
『大雪のため、七時閉店とさせていただきます』


 このゆとり世代があああああああ!!!!!

=========================

 さて、話は変わって。また別の日、というかこの雪の話より前の話なんですがね。

 上京していた後輩とアキバへ行ったり、いろいろと遊んだりしたんですが、その途中、映画を見に行きました。
 時間帯が時間帯だったせいか、ガラガラで、どこでも好きな席につける状態でした。
 そんな時、偶然私が……
「そういえば、いつか最前列で見てみたいよねぇ」
「じゃ、座りますか」

「( ;゚Д゚)……え?」

 結果、ガラガラ空きの劇場内で、何故か最前列に座る私ら。
 さすがにそのままでは見づらいので、背もたれをマックスまで下げ(最前列の席だけかもしれませんが、何故かできた)、その状態で一本まるまるがんばりました。
 いや、もう、ね。うん、何て言うか、こう……疲れる。
 例えば映像に文字が出てくると、それを読むためには視線を相当動かさねばならないんですよね……。そして音声が頭の上で鳴っているのね。そのため妙なサラウンド効果が……。

 とりあえず、思ったことは、この状態でつまらない映画を見たら確実に寝る……。