アサウラの生存観察室

皆様の優しさによって生かされている者の記録です。


こんにちは、皆様、如何お過ごしでしょうか。
アサウラです。



いやぁ、もう2014年も終わりますね。

そして年が暮れるとやってくるのがコミケ。

……東京に来てから、年末はクソ忙しいものになった気がします。


image_20131228142711182.jpeg

もちろん、年越し、そして年明けの準備はバッチリですけどね!!

(`・ω・´)b




そんなわけで、明日から始まるコミケですが、今回は柴乃さんが参加されないこともあり、アサウラはふらふらと三日間コミケ内を回ってみようかと思っております。



アニメが終わって早二年、まだベン・トー本を出してくださったりと、嬉しい限りです!


……二階堂総受け本が一日目にあったり、以前書いてくれた小説の人とか、そして三日目にはベン・トーのレシピ本とかあるそうで……!!




ヽ('∀`)ノ ワクテカが止まらないぜ!!








あと、二日目にはデスニードラウンドの赤井さんが出す、スタッフ本的なデスニードラウンドの同人誌が出ます。
アサウラも少々参戦しております。
あと、大野君のモデルになった大野君とかも何故か書いてます。





そんなこんなですが、皆様、良いお年を!!








拍手する





スポンサーサイト
 さぁ、25日だ、クリスマスの本番だ!!












 (`・ω・´)b みんなはもちろん、クリスマスプレゼントを用意してあるよね!!

























 自分のために!!!

























 アサウラももちろん、買いましたよ。










IMG_1569[1]



キタ━ ・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)━━━!!!!





IMG_1574[1]



 やって参りました、ついに、我が家にレッツノートが!!!


 LX3シリーズなのですが、コレが発表された時から、絶対コイツを買おうと思っておりましてね。
 14インチで、このサイズのキーボード、そしてタッチパット、バッテリーの持ち……全てが理想的です! 値段以外!!
(やっぱ、レッツノートは高いッスわ……)



 レッツノートって、若干気になっていたのはキーボードがかなりギュッと詰めてあったのと、半角/全角キーがF1キーの横にあって、それがかなりイラッとしていたのですが、このモデルでは通常の位置に。
(15インチクラスのなら元からそうだったようですが、さすがに15インチはモバイルとしてはデカイので……)


 何故かCtrlキーとFnキーが逆の位置ですが……これはまぁ、諦めます。







 あと、タッチパットも、今までの丸っこいアレから一般的な四角形に変わってくれたので、ここもお気に入りです。

 ……あんまり使い慣れない人間からすると、タッチパットが丸い意味がわからなかったので……。


 今まで使っていた、半年前にぶっ壊れて仕方なく自分でSSDに換装して使ってる四年前のVAIOはもうちょっとだけ頑張ってもらって、その後移行予定。
(現在Win7のダウングレードするためのディスク待ち)



 

……さすがに四年前のモデルともなると、原稿書くだけでもスペック的に若干苦しかったけれど、これで……!
(ソフトが新しくなるにつれて、やっぱり重くなっていきました……)









 これでバリバリ来年から執筆していく……予定です……!!




































 (´・ω・`)……え? 五月末に買った新VAI●はどうしたって……?

























 (´・ω・`)…………………………。






























 (´・ω・`)………彼は、室内で活躍してもらうことになりました……。











 いろいろ言いたいことはあるけれど……タッチパットの不満が我慢出来なかったとです……。
(私は普段からトラックボール派ということで、マウスを一切使わないので、モバイルに持って行く気にもならず……)



 あと、バッテリーが下に敷くシートタイプの追加バッテリーで、使うとスッゲー使いづらいので……。


 えぇ、やむを得ん、ということでサブマシンということに。


















 それはそうと、レッツノートは実は、アサウラは二台目だったりします。

 




IMG_1576[1]


IMG_1577[1]


 左のトラックボール付きのレッツノートは98年生の、Windows98搭載モデル。CF-S21J8。





 実に二つには15年の歴史の差が……!!






 ……未だに当たり前のように動きます、マジで。
 さすがはレッツノート。


 ちなみに、私のパソコン遍歴を少々ご紹介。







 ちなみに私が初めて小説を書いたのも、このレッツノート。
(ゲーム、アニメの簡単な二次創作ですが)



 その後、かなり苦しい思いをさせられたNECの14インチノートPCに移行し、それで初長編・初オリジナル、初応募作に当たる『黄色い花の紅』を執筆。



 知り合いの知り合いから買ったマシンを二万だかで買い、ゴミ捨て場から拾ってきたモニターでデスクトップを作り……その後、NECが死亡。



 受賞した際の賞金でDELLのノートを買うも、原稿の直しをやるのに間に合わず、デスクトップは執筆出来る状態じゃなかったので、仕方なくレッツノートを引っ張り出す始末。



 ……XP全盛期の時代に、Win98ですよ……。
 しかも、ウィルスソフト走らせると重くて動けないので、完全オフラインで作業です。




 しかもフラッシュメモリがうまく認識させられず(Win98はXPと違って、何か周辺機器を使おうとすると、その都度ドライバが必要だったんですよ……)、仕方なく、当時の時点でレアになっていたフロッピーディスクドライブを接続し、それをデスクトップに移動させ、そこから編集部にメールするというカオス状態。



 その後、DELLマシンが到着し、ベン・トー五巻ぐらいまでがコイツが一人で頑張ってくれました。







 ……まぁ、ちょくちょく壊れた上、電話のサポートが日本語の出来ない外国人だったりといろいろありましたが……。








 まぁ、そんなこんなですな!














 私の記憶が確かならば、この98時台のレッツノートって今みたいに圧倒的な堅牢性、持久力……っていった感じの売り方はしていなかった気がします。
 どちらかといえば低価格で、バランスの良い、ビジネス向け(ここは今も同じですね)の、安牌なマシン……っていう紹介をされていたような……?


 ……まぁ、当時はノートパソコン自体が高品質なものだから、どのメーカーもそのほとんどを国内生産して、パーツ自体も高品質になっていたってことなんでしょうなぁ。
(……詳しくないので、あくまで素人の予想ですが……)























 それはさておき。















 いくぜ、アサウラのクリスマスディナー……




















 ……ではなく。




























 アサウラの優雅なクリスマスの一日!!!






















00000772[1]
(昨日から引き続き、マスクとソニックさんにご同席を願いました)





 今日はコレ、ドイツ軍レーション!!



 グーテンターク!!!




 24時間レーションとか呼ばれていたりする代物で、実はこの一箱だけで一日分の朝、昼、晩の飯がコンパクトに収まっております。














 そう、本日はディナーだけではなく、一日かけてコイツを喰っていきます!!

















 ドイツ軍は2010年にレーションを更新したのですが……コレは、えぇ、古いタイプです。











(`・ω・´)アサウラはレトロなものを好むのさ……!














 少なくとも2009年以前に出来たもので……まぁ、賞味期限とかは気にしたら負けです。




 ……側面の方に四年ぐらい前の日付が書いてありましたが、
まだまだ全然いけるね!!



























 さて。



















 良く見るとおわかりになるように、NATOの文字があり、これもまたきっと参加国ぐらいの説明書があるのだろうと、知れますな。











00000774[1]


 開けるとこんな感じ。
 かなりムギュっと納められていて……テンションが上がってきます。











00000778[1]

 区分けするとこんな感じですな。

 スペイン軍と違って、きちんと全てが一箱に収まっているので、別途パンやクラッカーを用意する必要はありません。

 あとこれに必要なのは水ぐらいですね。











 んで、説明書にはこのようなことが。




Ready-to-eat meal 300g.
Ready-to-eat meal 300g.
Bread 170g.
Biscuit 125g.
Spread 150g.
Snack 150g.
Jam 50g.
Coffee extract 7g.
Tea extract 2.4g.
Sugar 50g.
Coffee whitener 6g.
Salt 3g.
Instant fruit drink 130g.
Chocolate 50g.
Chewing gum 12dragees.
Water treatment tablets 8ea.
Multipurpose paper 4sheet.
Moist towelette 1ea.
Matches 20ea.



 これを機械翻訳。


すぐに食べられる食事300グラム。
すぐに食べられる食事300グラム。
パン170グラム。
ビスケット125グラム。
スプレッド150グラム。
スナック150グラム。
ジャム50グラム。
コーヒー抽出7グラム。
茶抽出物の2.4グラム。
砂糖50グラム。
コーヒー用クリームの6グラム。
塩3グラム。
インスタントフルーツドリンクの130グラム。
チョコレート50グラム。
ガム12drageesを噛む。
水処理錠8EA。
多目的紙4sheet。
湿ったペーパータオルを1EA。
20eaと一致します。




 普通は何個って書いてあるべきだと思うんですが、文化の違いなのか、その品の総量のグラムで表記してあるのがかなり特徴的だと思います。


 また、ちょいと撮影し忘れてしまったのですが、左上にありますように、説明書にはいろいろ書いてあったのですが、どうもTypeⅠの他にⅡやⅢとかと同じ説明書のようで、メインディッシュの具体的な味については触れておりませんでした。







 まぁ、ドイツ語は英語読みすれば大体わかりますから、何とかなりますけどね。
 
 なので昨日と違って、附箋を貼ることもなく、そのままでいきます。













 ただ、若干気になったのは……




20eaと一致します。


 ……の文字。




 何のこっちゃ? と思ったものの、どうもマッチのことらしい。要は機械翻訳が誤解しただけのようです。










 ……が、問題は私が開封した時点でマッチなんてなかったはず……? ということ。





 入れ忘れかな? ドイツなのに? と思ってガサゴソやっていたらですね……見つけましたよ!!





00000779[1]

 そう、マッチがガッツリパックされてたのです!!







 さすがドイツ! 仕事がしっかりしております!!

 これで湿気ったりもせず、水に落ちても使える……というわけですね!!













 さらには……。














00000783[1]


 結構、オサレやん!!








 ……で、実はコレ、何となく試しに使ってみたのですが……














(´・ω・`)……全然火が付かないっていう、ね……。








 パックもされていたし、湿気っているわけではないようなのですが、どうも……ね。









 ( ;゚ω゚)……何のためのパックやねん……


















 何度か踏ん張れば一応火が付き、その際には何か花火的な懐かしい臭いがしました。
















 さて、そんなこんなで物をチェックしていると、若干気になるものが。





 実はジュースの素が二つの味で四っつも入っていました。
 ……で、そのうちの一つの味に謎の表記が。


 



00000781[1]


 ( ;゚ω゚)……タイプ:エキゾチック……だと……。










 い、いったいどんな味なんだ!?




 ということで、早速朝飯にチョイスしてみました。





 これ、400mlという結構な量の分もあって、ミネラルウォーターの容器に、入れてやってみました(中は浄水器使った水道水)。

 んで、この時、ほほぅ、と関心したのですが。







00000788[1]

 きちんと臭い移りを気にしてか、パックの内面に紙を挟んだ二重構造になっておりました。

 気遣いが、嬉しいね!!

















00000793[1]


 ということで、朝食のチョイスはこんな感じに。
(説明書を読んでも、特にどれをいつ喰え、ということは書いておらず、自由にせよ、とのことのようです)








 では順々に。






 まずは気になっていたエキゾチックジュース。







 ……あ、結構な……コレは……アレだ!!


 パッションフルーツ系の匂いと味!
 要はエキゾチックってのは、この場合南国系だったようです。


 
 匂いは凄くフルーティ。
 味わいはフルーツ味のスポーツドリンク的な、やや薄味ながら、おいしい。
 エネルゲンが近いかも。

 ただ若干、後味に薬っぽい感じというか、嫌な外国な風味が残るのだけれど……まぁ、単に粉ドリンクの宿命かもしれませんな。






00000795[1]



 何のジャムかわからず、調べてみると

 schwarze johannisbeere
 クロスグリ





 即ち、カシスらしいですね。








ビスケット。

 ……硬い。
 どちらかというと乾パンに近い感じでしょうか。

 昨年食べた大型乾パンに若干似てる。




 口に含んだ時はほのかな甘みのある風味が良く、悪くない感じ。
 普通においしく、このままボリボリいくらでも食べられる。


 ただ、若干古いせいか、ビスケットとしての風味が強くて、何かと合わせるとなると……これに関しては後述。




 んで、カシスジャム。

 程よい酸味に、食感の残る果実感。実においしい!


 つぶつぶ感というか、そういうのが意図的に残されていて、エキスだけを抽出して砂糖で誤魔化したものではなく、きちんとしたジャムといった感じ。

 口に含めばあまーい、カシスをそのまま食べたかのような後味。



 ……が、フルーティであるが故に、ビスケットの味が強くて、量をつけないとまけてしまいそうな気がする。


 昨日のクラッカーなら最高だったかも。





 んで、食べていると最初、何か変な風味が……? 古い感じの味が……と思ったのだけれど、そうじゃなくて、これはどうも、ビスケットを包んでいた紙の臭いのよう。


 なので、上と下の二枚だけ、若干変な臭いがした模様。



 ビスケット自体はホント良い味です。






00000797[1]


 そしてこちら。

 昨日のパテと同じ感覚で食べようと思ったのですが……これは、よくよく読んでみると、ビアヴルスト……つまりはソーセージらしいです。





(当然だけれど)パテと違い、プリッとした食感。

 変な味付けをせず、シンプルな香辛料だけで味をつけて、お肉の味を楽しみなさいという感じでしょうか。

 素朴な味。



 多分お酒が飲める人にとってはかなりおいしいはず。




 が……ビスケットと合わせると、ビスケットの甘い風味に負けるので、これは載せて食べずに、別々に食べた方がいいかもですね。




 しかしながらシンプルな味だからこそ、食べ飽きたりはしないんでしょうなぁ。
 三つ、つまりは三食分ついているのはその辺の自信なんでしょう。


 実際、かなりおいしかったです。













 またビスケットが一枚一枚が大きく、結構お腹にたまるもので、実は少ないように見えて結構ボリュームがありました。













 ……んで、最後のデザートへ!!






00000798[1]

 これには珈琲を合わせて。


 蓋を開けた瞬間に、スンゲープリンの香り!!


 うんまそぅ!!







 あ、ちなみに珈琲は普通のどこにでもあるインスタントですね。









 ……で、このデザート。ちょっと名前がわからず、Spreadとあり……調べてみると……


 コレ、ひょっとして、デザートじゃなくて……パンやクラッカーに塗るためのもの……つまりは、ビスケットと一緒に食べるものだった可能性が……。














 ( ゚∀゚)……ハハッ、まさかね。















 まぁ、普通に食べてみましょう。


 やや食感はざらついている感じで、腹にたまりそうな感じ。




 中には結構フルーツ、葡萄的な何かとかカットしたパインとか、いわゆるフルーツカクテル的なものが入っておりました。
 これが結構な量、というか、かなり均一に小さいのがたくさん入っているせいで、食べ度にフルーツの酸味が感じられ、かなり印象に残る感じ。




 個人的な印象としては、もう少し軽い、ぷるんとした食感の方が好きかな?
 でも、腹にたまることを考えたらこっちの方がいいかも。










 ……っていうか、スプレッドですもんね……プルプルしてたら塗れないか……ハハッ……。













 
 これ、実は結構な量がある上、かなり甘みも強く、デザートとして食べるとスンゲー腹にたまって、満足感がたっぷりです。






 何となく、今日一日一生懸命動くぞ!って時には丁度いいですが、家でひたすらレーションを喰い、ブログを更新しようと考えている人間には少々カロリーオーバーな気がしますね。










 (´・ω・`)……まぁ、そんな人間が喰うことを作った人は誰も想定もしなかったでしょうが……。













 お腹はもう満足でしたが、ついでに、チョコレートもいってみました。



00000803[1]

 大変シンプルに、チョコレートの文字があるだけのデザイン。

 ……微妙に斜めに書いてあるところでデザイン感を出しているんだけれど……うーん、無骨な感じが消えませんね。




00000804[1]




 うん、普通の……かってぇ!!



 基本、どの国もそうですが、レーションに入っているチョコレートは硬いですね。

 まぁ、過酷な環境下に置かれるのは確実なので、柔いのだとドロドロになってしまうからなのでしょう。




 ちなみに味はアメリカのより全然おいし……ん?
 普通においしく食べられるのが……気のせいか、途中で微妙~に、嫌な風味が……?

 でも後味には残らないのだけれど……何だ、コレ?

 うーん、気のせいかも?



 ともかく、個人的なフワッとした感想ですが、他国のチョコバーとかと比べると、こっちの方がおいしい気がしますね。













 最後に歯磨き代わりにガムを。


00000806[1]


 シュガーフリーらしく、キシリトールでも入ってるみたいな感じ。

 ミント味で、これもごく普通の品。
 やや固めですが、私的に好みな食感です。




















 ……そして、若干間を開けて(なかなか空腹感がやってこず……)



 (`・ω・´)昼食だ!!



00000813[1]


 朝に残したビスケットを半分と、チョコ、ガム、そしてビアヴルスト、そしてパン、メインディッシュ。そして、これに合わせてジュースを。















 で、パンです。




00000814[1]


 普通の缶なのですが、蓋が。


 つまりは、昼に開封して、夜まで保管しとけ……ということのようですね。






 さぁて……ん……?

























00000815[1]


 ( ;゚ω゚)私の知ってるパンと違う……。







 蓋を開けるとちょい酸味のような香りが。
 この感じ、ライ麦かしら?




 ってことでちょいと表記を見てみると、Roggenschrot(61%)とあり、つまるところライ麦が61%も入っている……ということだと思われます。







 また、他にはWasser,Salz,Hefe。とあり、水、塩、イースト菌のようです。








 ……つまり、ほぼライ麦パンというか、ライ麦だけで作ったパン……という感じですな。

 多分、食物繊維大量投入で腹のモチを良くしているのかしら?









 まぁ、粗挽きもかなり荒い感じなので、日本人からするとほとんどパンという感覚を持つことは無理ですね。











00000816[1]

 何より、パンっていうより、パッと見はマクドナルドのハンバーガーの中身を彷彿とさせるビジュアルですね……。





 本当に、パンか……?
 持った感じだと、ちょい湿り気のあるコルクボードみたいな……。






 味は……きっつい……。

 食感はまさに見た目のままのコルクボード。
 味は……何か、お線香の風味が……。



 う、うーん……。




 これはちょっと苦手だなぁ……。















00000817[1]


 ちなみにジュース、グレープフルーツ味でした。



 
 実は私、最初コレ、グレープジュースだと思っていたんですが、グレープフルーツジュースだったんですね。
 開けてちょっとビックリしました。



 味はちょっと粉っぽいものの、結構なグレープフルーツ感。
 やあ薄味というか、さっぱり目。
 まぁ、激しい活動をした後に甘ったるいのを出されたら辛いですからね。

 結構おいしいのですが、何となく安い粉ジュースなのがやや近いような……。
 なかなかいいです。

 '`,、('∀`)'`,、

















 さて、メインディッシュです。



00000819[1]


 中身がわからなかったものの、もう一つの方にはステーキの文字があったので、それはディナーに回すとして、もう一つの方をチョイス。



 こちらも何て書いてあるか判らなかったのですが、ラビオリの文字が頭にあったので、ラビオリなのでしょう。



 また、お湯にぶっ込んで温めるとよろしい、とあったので、鍋にお湯を沸かして温めたのですが……












 ……悲劇が……。















 どうも湯煎している間に、ちょっといろいろとやっていたら、すっかり忘れてしまい、長時間煮込みまくった結果……。







 (`;ω;´) 容器に穴が!!





00000821[1]





(´;ω;`) 中にお湯が……!!












 汁だくだく……。












 アカン……アサウラの知っているラビオリとは違う料理になってしまった……。



 しかも、コレ、開け口はついているものの、本気でやっても空かなかったので、結局ナイフでこじ開けました。





00000826[1]


00000830[1]


  何となく、ラビオリというよりは水餃子に近い食感。





 ……お湯がたっぷり入ったからね!!








 お湯が入ったせいで、味がかなり薄れ、ぼけぼけになってしまいましたが……しかしながら、味自体は結構いい……気がします。




00000831[1]



 チーズ感やトマト感などもしっかりとあって、非常においしい……かったはず。









 というかアレだ、お湯マシした有様で飲んでみると、ちょっとしたスープになっていますね、コレ。


 ……ハハッ。


 マッシュルームとかも、結構入っていて素敵やん……ハハッ……。



















 ・゚・(ノД`;)・゚・


















 



00000836[1]

 ビアヴルストも変わらずおいしく、水餃子……違う、お湯ラビオリも多分普通なら大変おいしくいただけたのではないかと……。



 ……っていうか、アレですわ。
 お湯で嵩ましされたせいもあって、スンゲーお腹が……。



 まぁ朝の分も残っていたせいもあってでしょう……。























 そして……こんなハードな展開の末に、ついにディナーへ!!














 ( ;゚ω゚)……実は、ブログの更新のために、やや早めに夕飯を取ることになったわけなのですが……。











 ……お腹がまったく減ってないっていうね!!!


















 でも、アサウラは頑張るぜ!!!




 夕食のメニューはこちら!



00000840[1]


 ビアヴルスト、グレープフルーツジュース、ジャム(アプリコット味)、パン、メインディッシュ、チョコ、ガム、そしてまったく減らないビスケット!















 ( ;゚ω゚)……お腹が……。









 







 でも、頑張ります。



 とりあえず、昼のようにならないように、注意しつつ温めている間に、ちょっと気になったナプキンを開封してみました。











00000838[1]

 ……ウェットじゃないのな








 ……何のための、ガッツリパックだったんだろう……。

 そこまでせんでも、これなら普通のビニールとかでいいような気がします。

















 そんなこんなで、メインディッシュの温めも終わりました。
 ステーキライス的なもののよう。


 やっぱり本当にこれ、蓋が開かない。
 いろいろ踏ん張ってみたけれど、29歳と7ヶ月のボーイの全力を出しても開かなくて、道具を使わないと絶対無理ッスね……。




 んで、いろいろやってみたんですが、この引っ張れる部分のところだけが異様に硬く、そこ以外の部分は比較的(まぁかなり硬いことに変わりないのですが)取りやすく、何とかご覧の感じに。


00000844[1]


00000845[1]



 ( ;゚ω゚)……うーん、ボリュームたっぷりやな……。











00000846[1]

 ちょっとほぐしてみました。




 んで。





 味わい的にはジャンパラヤかな?

 ……かなりボロボロな、いわゆる外国米にありがちなタイプの食感で……MREレーションのそれにも似た感じかな。
 ただ、MREのそれと比べるともう少し水分が少なくて、こちらの方がボロボロなのだけれど、コレ、アレだな。
 食べていると段々とこれでいいんじゃないかと思えてきました。
 
 といのも、お米でべちゃべちゃ系のよりは、少々ボロってるぐらいの方がまだ食感が楽しめていいんじゃないかと。




 一般料理のそれと比べると、ちょっとアレですが、何度も食べて続けているとなると、少しでも楽しめる要素があった方がいいですからね。



00000849[1]




 そしてお肉……ドイツ語でステーキの文字があったのでてっきり一塊のお肉かと思えば……ハンバーグでしたね。

 とはいえ、食感とかハンバーグそのものの味としては、かなり優秀。


 これが四つありまして、なかなかの食べ応え。
 個人的な感想を言えばもうちょいジューシー感が欲しいところだけれど、そうしちゃうと、多分お米の方が水分を吸い取っちゃうんだろうなぁ。












 ( ;゚ω゚)……うーん、食べ飽きる……。
















 米軍のMREレーションと違ってタバスコが入っているわけでもなく、塩しかないので、この量ともなるとなかなか……。
 
 がっつりお腹が減っているとか、これしかないってんなら全然いいんですが……ランチから大した間を置かずに喰うとなると、結構しんどいです……。













 それでは、気分を変えるためにライ麦パンとジャムを。



00000850[1]

 アプリコットジャムです。

 これもまた、フルーティ!
 カシスに比べると果実感は少ないですが、高級感のあるものですね。






 ……うん、このメニューに合わせると、ちょっと重いね!!














 ……げぷぅ……













00000852[1]


 そして、完食。



















 うー……げっぷ……喰いすぎた……。




 きちんとした飯の時間に、つまりは昼と夜の間に十分な時間を取って、かつ、きちんと運動していればまだ良かったのでしょうが……。




 クリスマス更新の関係から、やや早めに喰わないと間に合わんということで、かなり狭い間隔で食べてしまって……それがなかなかに……。










 ビスケットとライ麦パン、チョコとガムが余りました。
 あと珈琲とお茶、砂糖と塩、そしてエキゾチック味のジュースが一つ。




 ……お茶とかは飲んでも良かったのですが、カフェインがアレなので、年末に飲むとします。




 チョコとガムも、ビスケットもそうですが……ライ麦パンはどうしましょうかね……。


















 ……まぁ、何とか……頑張ってみますよ……。




















 ……はい、というわけで長々やって参りましたが、以上をもちまして、アサウラのクリスマスの様子でした……。























 (´・ω・`)皆さんはどんなクリスマスを過ごしましたか?


























 きっと、アサウラのように孤独で、ストイックな時間を過ごした方が大半だと思います。





















 来年も、頑張りましょうね!!



































 え? 恋人と……?











 ハハッ、都市伝説はウチの専門外なんで、他行ってもらっていいですか?


 '`,、('∀`)'`,、

















   ('∀`) ……………………。






















   ('∀`) ……こんなクリスマスを、私は後何回繰り返すのだろう……。























 それもまた、人生……。




















 では……また……。















拍手する




 


















 オラー! アサウラだよ!!





 いやぁ~師走!!



 何だかんだで忙しくて、原稿が遅れ気味なのは致し方のないことだと私は信じて疑っていないのですが……それはそうと、先日某所へ取ざ……いや、某所に遊びに行きましてね!!







IMG_1483[1]



 まぁ、どことは言いませんが、オーバーラップの担当編集Iさんと、赤井てらさんとでちょっとばかりエンジョイしてきました。







 
 内部の写真はアップすると、最悪向こうに何かされるかもなので、JRの敷地内からの一枚をば。
(現在写真のネットへのアップは実質的に黙認状態であり、向こうにその気があれば動ける……という状態みたいなので、我々はあえて……ね)











 (`・ω・´)b 来年の春過ぎぐらいには発表出来ると思うので、お楽しみに!











 とりあえず、先にベン・トー12巻が出る予定でおります。







 










 それはそうと、今日はクリスマス・イブですね!!


 そう、クリスマスといえば……もちろん、皆さん決まっていますよね。










 そうだね、軍用レーションだね。


DSCN5571[1]
(寂しかったので、サターンマスクとソニックに同席を頼みました)
















 今年のクリスマスは、ちょっと変わり種をご用意!
 ……というか、デスニードラウンドで大野君のモデルになったO君がくれました。








 わかりますか……?

 ヒントは冒頭の挨拶……。









 デスニードラウンドをきちんと読んでいれば、何となく想像がつくはず……!!

 ……いや、逆にちゃんと読んでいるとメキシコって言われそうですが……








 そう、スペイン軍のレーションです!

DSCN5574[1]
(スペイン軍は朝、昼、夕の三種のレーションがあるそうな。コレはランチ用。でもディナーにする)




 やや予想外ながら、何と賞味期限内の品



 これは安心して食べることが出来ますね!!





※アサウラはちゃんとした状態のレーションであれば五年ぐらい賞味期限を無視します。缶詰なら、錆びがない限りは賞味期限等を完全無視します。皆様はマネしませんように。















 まぁ、そんなこんなで、一人でイブのディナーを進めていきますですよ。





























 毎年のことなので、悲しみとかそういのはもうどこにもないんだぜ!!

(`・ω・´)b











DSCN5575[1]



 パカっと開けると、このような感じに。



DSCN5576[1]





 まず入っている紙には、説明書的なもの。
 NATOの公認の品らしく、スペイン語の他にフランス語と英語で書かれております。



DSCN5578[1]













 そして説明書の下には、このような感じ。


DSCN5582[1]

 左はお察しの通り、紙ナプキンで、右側はスープの素ですね。

 このナプキン、こういうデザインだとまるでホテルかレストランの高級品みたいで、オサレです。
 ミリタリーという感じがしません。



 ……そういえば、紙ナプキンですけど、米軍にせよ他の国にせよ、基本堅いんですよねぇ。
 柔らかさとか全然ない感じなんですけど、これは海外だからなのか、それともそういう風にしいてあるのか……。
















 さて、そんな疑問を覚えつつも、中をご覧いただきましょう。


DSCN5583[1]


 米軍のMREレーションも、結構品数が多いなぁと思っていたのですが、こうしてみると結構スペイン軍も負けておりません。

 まぁ何が多いかっていえば、錠剤(タブレット)が多いんですね。













 ……で、だ。











 ここでちょいとばかし問題が発生しましてね。


 これらタブレット…………。





















 (´・ω・`)……どれが何やら……。



















 いえ、一応何かしらパックに書いてはあるのですが、文字が異様に小さいわ、真空パック的な感じなのでシワシワで文字が読めないわ……。






 っていうか、そもそもがスペイン語なので何が何やら……。












 まぁ、こういう時は説明書に頼るに限ります。









 ……で。










1 Bag of vegetable instant soup of 20g.
1 Tin of beef in sauce of 200g.
1 Tin of mackerel in brine of 120g.
1 Tin of pears in syrup of 190g.
1 Tin of pate of 70g.

2 Water purification.
2 Hydrating tablets.
3 Solid combustible tablets.
2 Energetic tablets.
1 Vitamin C tablets.
1 Chewing gun for dental hygiene.
1 Envelope of matches(20).
1 Stove for warming.
1 Bag with cellulose paper(10sheets).
1 Instant hand disinfectant.
1 Information label.





これを機械翻訳。





20グラムの野菜のインスタントスープは1袋。
200グラムの醤油牛肉の1錫。
120グラムの塩水中サバの1錫。
190グラムのシロップ中の梨の1錫。
70グラムのパテの1錫。

2水の浄化。
2ハイドレイティング錠。
3可燃性固体錠。
2エネルギッシュ錠。
1ビタミンCの錠剤。
1歯科衛生のために銃を噛む。
マッチの1エンベロープ(20)。
温暖化のための1ストーブ。
1セルロース紙(10枚)とバッグ。
1インスタント手の消毒剤。
1情報ラベル。





















 (´・ω・`)…………………………。




















1 Chewing gun for dental hygiene.

1歯科衛生のためにを噛む。











 gun










 (´・ω・`) 本当に、こう、書いてあるんですよ……。












 で、何のこっちゃ? と思って見てみると、チューイン・ガン……あぁ、ガムですね、コレ。









 つまり、GUMの誤字で、GUN……と








 軍用レーションであることを考えると微妙に間違えてはいけないスペルな気がするのと同時に、ある意味ではウィットに富んだ小粋なジョークという可能性が否定でき(ry





 ともかく、これで正体はわかったも同ぜ……いや。













 実はここからが結構大変でした。
 要は、何が入っているのかが一覧になっているだけで、どれがどれだかまったくわからないという……。


 仕方ないので、英語表記のところをスペイン語表記のところと比較しつつ、タブレットの文字から当てはめていく……ということをしました。


 え? 個数からだいたいわかるだろって?




軍用レーションは結構個数間違えてるから、怖いんですよ、それだけじゃ!

 '`,、('∀`)'`,、 







 物が入っていないこともしばしばですからね。
 皆様も、お気を付けを。




 ……またね、説明書は小文字だけど、パッケージにあるのは大文字なので、小さいタブレットのヤツは結構読むのが大変でしたが……ともかく、頑張った結果、こういう感じに。








DSCN5590[1]


 
 ちょっと附箋が大きかったものの、間違いようがないように。


 間違えてはヤバかったのが、浄化剤とハイドレティング錠なるよくわからんもの。前者はいわゆる汚れた水とかに入れると水が消毒されるタイプのもので、そのまま口にするのはちょっとよろしくない。

 ハイドレティング錠はお肌の保湿に……というのは冗談で、多分塩タブか何かだと思われます。

 ググっても保湿系の化粧品ばかりで……。





 また、ご覧いただいてわかりますように、缶詰、実は缶切りがいらないタイプです。
 どうも昔は普通の缶詰らしかったのですが、近年こちらのタイプになったそうな。


 実際、コレ、外だと結構嬉しいですよね。
 缶切りがない、小隊で順番で回しているけど、なかなか回ってこない……そんなことがなくて。












 早速区分けが出来たところで、食べていきたいと思います。



DSCN5591[1]

 折りたたみ式のストーブを作成。
 これ、何気にイイ感じです。


 何がいいかと申しますと……






DSCN5593[1]


 これ、実は適当に作ったのに、この缶にピッタリとはまってぐらつきもないのです。


 で、途中、平べったい方の缶詰、鯖の缶詰も温めるべきかな? と思ったものの、デザインからしてあえて円柱状のものだけにしました。















 早速固形燃料を投下。
 付属のマッチで点火しようと思います。


DSCN5594[1]








 ……と、その前に。


 開封してみて思ったのですが、若干量が足りないというか、主食が見つからず……あれぇ? と思い、調べてみたところ……。








 どうも、スペイン軍のレーションにはこれらの物とは別に、クラッカーかパンの缶詰が付いてくるそうな。


 ……残念ながら、そのようなものをO君は用意してくれなかったので、急遽これを用意。










DSCN5595[1]


 何かと話題のトップバリューだぜ!!










 ということで、アサウラのクリスマス・イブのディナー内容はこんな感じ!!
(あと、映らなかったけれど、スープも!)

DSCN5597[1]



 (`・ω・´)b ちょっとイイ感じだぜ!!







 左から洋なしの缶詰、豚のパテ、サバ、そしてお肉!!




 詳細は不明!!
 表面がゼラチン状に固まっておりましたので、これを温めると共に、先にクラッカーでパテとサバを行きたいと思います。








 付属のマッチで点火しようと試みたものの……なかなか付かず……。

DSCN5602[1]

 三本目にしてようやく着火。
 コレ、アレなのかな? 先に火を着けてから中に投下するべきだったのだろうか。


 料理屋で出てくるタイプのは大抵チャッカマンだし、どうなんだろう?


















 で、実際には屋外でどうしているのかわからないですが、別途電気ケトルでお湯を沸かしてスープも用意。


DSCN5611[1]


 結構具だくさんで、掻き混ぜているととろっとしてきます。

 まずはこやつから……。








 (´・ω・`)うーん、実にクリーミィ……じゃない





 何か、アレ? ちょっとしょっぱいかな?
 とはいえ、お湯が足りないってわけでもなさそうな味。つまり、塩気だけが吐出して高くて、他の味があんまり……。
 何となく乾燥しきって、しけったような風味があるかなぁ。



 具の野菜も多くて、ぱっと見うまそうなんだけど……ちょっとモヤッとするスープでした。

















 気を取り直して、サバへGO!


DSCN5613[1]


 このサバ……なかなかおいしいです。

 ご覧のように、煮崩れしているようなこともなく、しっかりとした大振りなサバの身がそのまま入っておりまして、味わいもしっかりとサバ。

 変な風味付けもなく、酸味のある汁で煮込まれているのですが、それも味が強すぎることもなく、素材の味がしっかりとします。オイルも結構多めに入っていたので、これによって汁が完全にサバに染みこむのを防いでいるのかもですね。

 また酸味もあるおかげで変な生臭みもほとんどなく、サバがダメって人はともかく、誰でもおいしく食べられる感じですね。

 ただ、酸味系の宿命として、ご飯のおかずにはちょっとアレかもですが、今回のようなクラッカーや、パンとかとならおいしくいけます。


 これは、イイ!
















 続いて、パテへ。


DSCN5615[1]

 このパテ、むっちゃうまい!

 全然嫌な臭みとかなくって、普通に売ってたら買って喰っちゃうレベル!!


 いくらでも食べられるおいしさ! やっぱお国柄ってのが出るんでしょうねぇ。


 そうそう、パテ食ってて思ったのですが、今回は口にしないハイドレティング錠とか、やたらしょっぱいスープとか……多分、これって、気温が高い場所での活動を前提とした作りなのではないでしょうかね?
 

 スペインは場所次第で夏場なら40度に達するらしく、その辺りのことを考慮しているのかもしれません。




 ……ともかくパテがうまい。
 どんどん食べてしまって、気が付くと肉の缶詰が温めきる前に大半を食べてしまったぜ……。





DSCN5622[1]

 結構温まってきました。

 こぼれているのは、缶詰の表面がゼリー状になっていたため、横からボコッという感じで汁が溢れましてね……。








 で、それはいいんですけど、問題はこの黒い粉のようなもの。
 どうも、この固形燃料、あんまり質が良くないらしく、定期的にパチンッ!! と結構な音がします。

 女性の平手喰らったぐらいの音というか、生木を焚き火に放り込んだ感じの音がするんですよ。

 ……何か不純物でもあるんじゃないのかな……?

 しかも結構、消えやすい。
 風を送り込むとよく燃えるのですが、室内のような無風では防風効果が強すぎて、ヒーターの本領が発揮できないみたいです。



 外なら問題ないんでしょうけどね。




 で、軽く空気を送り込んでやるとあっという間に、イイ感じに……!




DSCN5622[1]
(サバはもう、なくなりました……おいしかったです)

 超ぐつぐついってる!



 DSCN5628[1]



 お肉、とろとろやん!!!




 とろっとろですよ!! マジで!!

 え、何コレ、って感じでとろとろです。


 スンゲーいい感じ!
 缶詰のお肉です、という風味はあるものの、とろとろでありながらきちんとしたお肉の食感と味がします。


 しかも、安い缶詰のそれと違って、お肉がコロコロとした感じでたくさん……というか、全部お肉。


DSCN5634[1]


 超うめぇ!!


 味わい的には薄味ながら、バジルか何かの風味がして、実にヨーロピアンな感じ。
 でもどちらかといえば風味付けがメインで、味付けはかなりシンプルで、サバ同様お肉そのものの味をいただくもののようです。


 しかも、サバの味噌煮やパテを先に食べまくってしまったせいもあってか、、かなりボリュームある気がします。

 








 とはいえ、クラッカーと合わせて、あっという間に……。


DSCN5640[1]


 いやぁ、美味しかった!



 ちなみにヒーター、結構……燃えかすがあるなぁ……。
 こんなもんかしら?




DSCN5641[1]



 続いて、洋なしの缶詰へ。


 レーションでもデザートがあると、幸せな気分になりますなぁ。



DSCN5642[1]


 ご覧のように、縦割りにした小ぶりな洋なしが二個分入っております。

 べっとりと甘いシロップというよりは、日本のものよりは若干軽い甘みのもの。

 ちゃんと食感もあって、これもまた、おいしいですね。









 うーん、なかなかスペイン、いいじゃないか!


 全部おいしくいただけるレーションとは……!!











 では、最後にタブレット類へ。





DSCN5645[1]




 とりあえずビタミンC錠剤。
 缶詰とかは、どうしても加熱の関係でビタミンCとかがぶっ壊されてしまうので、こういうのがどうしても必要なんですよね。

 ……つまりは、長期間これを食べ続けることを想定していれてあるんだろうけれど……うーん、大変だなぁ。

 味は、何か安っぽい酸っぱいラムネ的な味。
 結構酸味があって、喉が渇きそうな時に口に入れておくといい感じになりますね。
 それを狙ったのでしょうか?






 そして、最後のシメ。
 エネルギッシュな錠剤……!!






DSCN5646[1]


 ……何か、砕けてる……。


 で、食べてみてわかったのですが、コレ、単にレモン味風味のブドウ糖タブレットですね。
 単にブドウ糖とかの粉類をギュッとしただけもので、砕けるのは仕方ない感じです。

 ……まぁ、可も無く不可も無くの味です。





 最後に、ガムなのですが写真を撮り忘れたものの、普通のガムでした。
 最初むっちゃ堅くて、ガムじゃないのか!? と思ったりもしましたが、段々と普通のミントというかキシリトールなガムの感じに。

 ガムはいいです。
 唾液が出て乾きが誤魔化せますし、噛んでいると空腹感も薄れ、さらに集中力も上がるんだとか。

 そしてこれは歯磨きガムって感じらしいので、食後のエチケットにも……。







 ということで、無事、クリスマス・イブのディナー、スペイン軍のランチレーション(B-3)を終えました。


 ごちそうさまでした!!







 (´・ω・`)……まぁ、ランチ用のレーションをディナーにしている時点でいろいろとアレですが、結構満足感のある品物だった気がしますね。


 基本的に全部おいしく、難点を上げるとすれば固形燃料のパチッ!!という異様な音と、スペイン語表記ぐらいでしょうか……。


 ホントお肉関係は全ておいしく、サバも普通においしい品物でした。









 (`・ω・´)b 皆さんも、来年の孤独なクリスマス・イブとかにいかがですか?


 オススメです。













 さて、明日はまた今までご紹介していない変わり種のレーションをご用意しております。

 是非とも明日の夜、またいらしてくださいませ。



 それではまた!!









拍手する





















 ( ;゚ω゚) 結構更新間隔が開いてしまいましたな……。




 先日、『ボーダーブレイク 疾風のガンフロント』とのコラボ企画も無事に終了いたしました。
 参加してくださいました皆様、ありがとうございました。






 それはそうと、ベン・トー11とアラカルトの両方を買い、その帯の応募券を合わせて応募すると特別アイテムが当たる『極みフェア』について。




 応募総数を聞いたのですが、何気に二通でも送れば電子レンジはともかく描き下ろしポスターは結構な確率で当たる様子。




 まだまだ応募は間に合うぜ、皆様よろしくです!!

(`・ω・´)b 









 ということで、10名様に当たる電子レンジをご紹介!!





IMG_1537[1]


IMG_1540[1]


IMG_1543[1]



IMG_1539[1]




 全て柴乃さんの直筆描き下ろし!!

 世界で唯一の電子レンジを皆様の元へ……!!



 (`・ω・´) ……ネットオークションとかで転売しようとしても、絵柄は全て別々なので、どこに誰の絵が行ったかは把握されるとです……。





 また、どの絵柄が当たるかは運次第です。




 さぁ、今すぐ応募しまくってください!!










●以下コメント返信
(※ネタバレのも含みます。ご注意を)


●レンジ さん
レンジを手に入れるためにも買います(笑)……いや、最近。家のレンジの調子が悪くて(´・ω・`)


( ;゚ω゚) 到着するのは早くても来年の2~3月だと思いますが……そ、それまで家の電子レンジ、頑張ってもらうしかないですね。




●御影 さん
電子レンジは、本当にどんなものなのか気になりますね…。


(`・ω・´)b 当ブログ内にあります画像をご覧くださいだぜ!




●ホワイト さん
こんばんはーベン・トー11巻作成お疲れ様です!
1巻から読んでいるにも関わらず今になって初投稿です。何かと読みづらいかと思いますが最後まで見てください。ベン・トー11巻作成お疲れ様です!  凄く楽しみで今夜は眠れません!コミックアラカルトでは発売1ヶ月前から予約しています(^.^)アニメの方では、リアルタイムで見させていただきました。 明日は用事が終わったらすぐに本屋に向かう予定です。 これからも応援していますので頑張って下さい。



いろいろとありがとうございます。
そこまで楽しみにしていただいて、ホワイトさんのご期待に添える作品になっていればいいのですが……。
ともかく、今後ともよろしくお願いいたします!




●とうふ さん
てっきり25日発売とばかり思っていたので今からシャワー浴びてコートだけ羽織って買いに行きます。最近冷えるので流石に外で全裸はあかんよね。
11ゲット。そしてその分厚さに変な笑いが。これより分厚いラノベだってあるけど。



'`,、('∀`)'`,、 そうですねー、上を探せばいろいろありますが、SD文庫ってことを考えると結構なものだと思いますぜ?
そして文字数が多いせいか、若干重いですしね!!



●赤瀬 さん
どうも・・・・・・赤瀬です。ベン・トー11巻とベン・トーアラカルトを買いました。ベン・トーアラカルトはまさかの茉莉花ちゃんが高校生になっているのを見てびっくりしました。そしてあの佐藤洋が魔導師のポジションになる姿をみて驚きました。ルール違反ですが、どうしても今後のベン・トーの進展が気になるので先にアサウラ先生のあとがきを読ませてもらいました。・・・・・・・・・まあ、なんと言いますか、とても複雑な気持ちです。まるで付き合っていた女子にいきなり振られたみたいな感じでしたね。本当に今日は変な気持ちでした。なんか、すいません・・・・・変なことをいってしまって・・・・・・・・・。近々アサウラ先生にファンレターを送りたいと思います。それでは、これにて失礼させていただきます。




>茉莉花
(`・ω・´)b 茉莉花は生まれてから大きくなっても、ずっと美少女なのさ!!
(ベン・トー作中内で、一番のヒロイン力を有しております)
白粉先生に若干影響を受けている気配がありますが……心はそこまで腐りきってはおりません(多分
>あとがき
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル ふってないよ、大丈夫だよ!
12巻とかで、いろいろあるしね!!
……また、はじまりあるものは、終わりがあるものですし……ね。




●ラノベ愛好者 さん
ハハッ!
でも、最終巻ではなかったようですねっ!
ほんとベン・トーシリーズが現段階で終わるというのはあまりにも早すぎですよねっ!
なのに、最終巻が近くなってるという風に錯覚していた自分がまことに恥ずかしいですっ!
本当に最終巻が近くなるなどと錯覚していた自分が非常に恥ずかしいですっ!
ベン・トーシリーズには今後とも末永く、いえ、末ながぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いっおつきあいをよろしくお願いいたしますっ!!



( ;゚ω゚)……お、おぅ!!
まだあと数ヶ月は続くぜ!!




●マサオ さん
こんにちは、マサオです。私は何度かふれていますが、ラノベの世界にどっぷり浸かることになったきっかけが友達に勧めてもらったベントーでした。それ以来ライトノベルのおもしろさ、楽しさに開眼し、今日までいろいろなライトノベルを読んできました。そうまさに私のライトノベルはベントーから始まったのです。で、11巻読み終わったんですけどね……どういうことですかあああ完璧に円満じゃないですかあああどういうことですかあああこれ以上続いたら蛇足レベルじゃないですかあああ終わっちゃってる!完全に終わっちゃってる!いろんな枝葉はまだ残ってるけどメインの幹は完全に切り倒されちゃってる!完全にばっさりいっちゃってる!先生のばーかばーか! …………ふぅ……多少落ち着きましたよ。ヨー・サトウが「最後まで行くのは、終わってしまうのが怖いから」みたいなこと言ってなかったらプッツンした私は危うく歩いて三十秒の近所の神社に祈祷をしに行くところでした……先生はもうヨー・サトウに足を向けて寝れませんね…… 冗談はそれくらいにして、内容については文句付けようのない素晴らしい終わり方でした。まさに総力戦。ベントーのほとばしるエネルギーが荒れ狂った一冊でした。素晴らしいかったです。次巻で最終巻というのは寂しい限りですが、始まりがあれば終わりはあるもの。最高の形で終わらせてくれたアサウラ先生に対し、恨みこそすれなぜ感謝……ちがった、感謝こそすれ恨むことなど筋違いも甚だしいことでした。素晴らしい作品を本当にありがとうございます。 また、これまで六年半(まだあと一冊ありますが)本当にお疲れ様でした。ベントーを超える次回作……期待してます! ……あるよね?>新作
あ、忘れてました。ヨー・サトウ。リア充コロス、ジヒハナイ。





 そこまで愛してくださり、本当にありがとうございます。
 私としましても、初めての長期シリーズということで、手探りで物語を進めていき、こうしてマサオさんたちに認められるものになったことを大変嬉しく思います。
>新作
 もちろんこれがアサウラの本となっていますと、物理的な死亡になってしまうので……。
 OVL文庫のデスニードラウンドシリーズはもちろん、集英社さんでもまた書かせていただける……はずです。
 なので、今後ともアサウラをよろしくお願いいたします!

 




●TK(Thanks) さん
アサウラ先生初めまして、いままでずっとROMを続けていたのですが、このたびベン・トーが次巻完結とのあとがきまでを、一気に読んでさまざまな思い出とともに自分の青春を振り返りながら、一筆させていただきます。私が先生の作品と知り合ったのは大学進学で上京した先、近辺の書店で手に取ったベン・トーからでした。それ以来ファンとして、楽しく読ませていただいたシリーズの終わりが近づき、ついでに大学も卒業という終わりが近づきつつある中、多くの笑いと、感動と、夢と希望をいただき、ありがとうございました。当サイトやデスニードラウンド、コミカライズ作品も確認させていただいているので、今後も先生の作品を楽しみに頑張らせていただきます。もちろん[極み]フェアには応募させていただくので当たるといいなぁ。執筆のお仕事大変かと思われますがお体には気を付けてくださいね。



 TKさん、初めましてアサウラという不審者です。
 まるでTKさんの学生時代にそうようにシリーズが進んできたのですね。ずっと追い掛けてきていただき、ありがとうございます。
 TKさんの思い出の1ページになれたら、これほど幸せなことはありません。
 ありがとうざいます、そして、これからもよろしくお願いいたします。





●リキ さん
先生、12はトゥエルブ(twelve)ですぜ(´・ω・`)



(´・ω・`)………………………………おい、よせ、やめろ……………………。




●ラノベ愛好者 さん
今日、アニメイトにてアラカルトともに11巻買ってきましたっ!
で、とりあえずブックカバーをつけていてたまたま11巻のあとがきが目に入りましてぇ・・・・・・
ついに次巻で最終とのこと・・・・・・
とにかくあいた口がなかなか塞がりませでしたです・・・
大好きなシリーズがついに終盤を迎えるのはまことに残念ですが事実は受け止めなきゃですね・・・・・
次巻は最高のフィナーレを期待しておりますっ!!



お買い上げ、ありがとうございます。
……まぁ次巻で最終というか、11巻で完結で、12巻はファンブックス的なポジションというか、蛇足的なものというか……まぁ、補足的なものだったりしますですよ。
……ともかく、詳細は今しばらくお待ちください。
>塞がりませでした
( ;゚ω゚)落ち着け……まず、落ち着くのだ……。





●ドあら さん
新刊とアラカルトを買ってきました!これからジョナサンで コーヒー飲みながら毒書じゃない読書です、この一冊にどれほど待ち焦がれたか、先生ありがとう!



(`・ω・´)b いいってことよ!


●清 さん
 こんばんは、アサウラ先生。 最近急に寒くなってきたので、全裸にはつらい時期になりつつありますが、紳士を極めんとする私は決して寒さには屈したりいたしません。そう、我らが英雄 ヨー・サトウのよ……リア充爆発すれば良いのに。 はい、という訳で本日、ベン・トー11巻購読しました。最終巻間近という訳で物語の完結は嬉しくもあり、寂しくもあるという複雑な心境ですが、素直に彼らの旅立ちを見守ろうと思います。 それではアサウラ先生、これからも体にお気をつけながら頑張ってください。



 着ろ。


 お付き合いいただき、ありがとうございます。
 まぁ、作中では一年間経っただけで、佐藤には二年間、槍水も一年間の高校生活が残っております。彼らの日常、戦いはこれからも継続することでしょう。
 その辺は皆様の類い希なる妄想力でフォローしていただければ、と思います。
 今後ともアサウラ及び、アサウラ作品をよろしくお願いいたします。




●ナオヤ さん
いやー見ましたよ。流石のボリュームで目が痛くなりましなが、それを差し引いても面白い作品でした(^-^)やはり僕的には佐藤対金城戦よりも、狼達の成長よりも、槍水先輩よりも、鏡の恋路の方が気になりましたが、いつまでたっても返事をしない二階堂に若干の殺意を抱きつつも、最後まで美味しくいただきました。いや、それにしても今回は女性陣がいい仕事をしましたね。佐藤も言っていましたが、面白い作品ほど最終回が怖くて見れない。その通りだと思いました。ですが、やはり好きな作品です。きちんと終わりを見届けたいと言うジレンマに今悩まされているとこのです。ですが、巻末のあとがきを見ると、いよいよ長かったベントーにも終わりが近づいているようです。早く読みたいとと言う感情と先ほどのような恐怖もありますが、是非とも最後まで見たいです。最新刊、楽しみにしています(^-^)


 お買い上げ、いただきありがとうございます!
>二階堂
 二階堂君はまじめなのですよ。それまでずっとマッちゃん一筋だったのに、急に心変わり出来ない……することで、鏡に対する気持ちも軽いものであるとしてしまいかねないから……と、いろいろ迷っている男の子な心なのです。
 ともかく、そんな二階堂君も12巻で何かがあるかもしれませんし、次の巻も是非ともお付き合いくださいませ~。






●AKATSUKI さん
はじめまして。とは言っても、実はSF大会とかでお会いした事がある者です。(10巻の発売日、仕事詰んでいるのに、偶然、道端に咲いていた著莪を見て本屋に走った話をしたらそれはどうかと思うと言われた者です。なお、一応、仕事はなんとかなりました)2年前の大会でベン・トーに興味を持って、読んでみたらライトノベルに持っていたイメージと全然違ってとても気に入りました。以来、アサウラ先生の単行本は全て読んでいます。文体や文字量がラノベの異端とか言われている様ですが、ハヤカワとか創元を主に読んでいる人にはむしろとっつきやすいんじゃないかと思います。前置きが長くなりましたが、ベン・トー11巻、今回も発売日に買いに行き、一気に読みました。話はとても面白かったし、謎や伏線も回収されていて良かったです。ただ、まあ、分かっていただけると思いますが、私、著莪がすごくお気に入りなんです。この2年で400冊くらいラノベ読んだんですが、その中でもダントツで。今回も可愛かったのですがそれだけに読むのがつらかったです。一番きつかったのは、佐藤自身がここしばらく感じていた「著莪に対する意識の変化」に向き合わなかったこと。これをクリアした上での展開ならもう少し納得いったのですが。できれば次の最終巻で、ここだけは何らかの答えが欲しいです。と、言うわけで少々寂しいですが、最終巻楽しみに待っています。700円の自制ラインも今回撤廃した事だし、SD単独最厚記録でお願いします。


 お買い上げ、ありがとうございます!
 ( ;゚ω゚) ……あぁ、確かに覚えておりますな……。
 仕事は大事ですよ、大事にしないといけませんぜ……。
>著莪
 (`・ω・´)……12巻にご期待願おう。
 全てはそれからだ……!
 







●クル さん
初コメントですが、たまらずにコメントします! 今、間違えて短すぎるコメを送ったのは無視してください。ベント―よかったです。正直、ベント―も、最後に近づくにつれて、変にシリアスになってきて、前の巻あたりからビミョーかな…って思ってましたが、いやぁ。そんなことなかった。今回のラストは、色々な意味で泣きました。最高でした。もう一回、シリーズを見直します。ついでにアニメも見直そうかな。アマゾンでDVD買います。あと、今まで手を付けてなかった漫画の方も買います。次の12巻は最後の面白い話をまとめたやつなんですよんね、たぶん。あぁ。早く読みたいです。がんばってください。っていうか、アニメの二期作ってくださいよ!! シャガの箸を使ったバトルスタイルをもう一回見たいですよ!! 頑張ってください、アサウラさん。


 はい、クルさん初めまして、アサウラという者です。
 ( ;゚ω゚)物事はどうしたってシリアスになるんですよ、終わりの方はどうしてもね。
>アニメ二期
 (´・ω・`)……私も、今も、待っております……。
 頑張ったらどうにかなるものなのだろうか……。




●チョモ さん
どうもチョモです。ベン・トー11巻読ませていただきました。最後の魔導士との戦いそして佐藤と槍水先輩に夕餉のシーン、目から涙が出てきました。話が変わりますが自分が初めて買ったライトノベルがこのベン・トーでした。そのベン・トーが終わってしまうのが残念です。でも始まりあるものには終わりもあるんですね。最期となりますが最終巻楽しみにしています。お体に気を付けて頑張って下さい。


 ありがとうございます。
 チョモさんのラノベの入り口になれたことを幸福に思うと共に……果たしてその後に読んだ他のラノベをどういうふうに感じたのか気になるところですが……ともかく、11巻まで楽しんでいただけたよう出何よりッス。
 ラスト12巻まで、どうかお付き合いを! 



●いえけもんごるうるす さん
11巻面白かったです有難うございます。しかし寂しいですわ、この半額弁当争奪戦が中心にある世界が終るのは勿体ないですよ・・・まあ、終わらせる結末を描くというのは大事なことですし創造者の義務で権利ですし、寂限りです。しかし今回は前半の白粉のバトルが格好良かったです、あと柚のミリタリージャケットに想像力掻き立てられました。しかし寂しい


 ありがとうございます!
 終わりまで書き切ることが出来ずに消えていく作品が多い中、おかげさまで無事ここまで来ることが出来ました。そして、終わる作品を寂しく思っていただけることはまさに光栄なことであります。
>ミリタリージャケット
 男が着てもいいものですが、女の子が着るとまた違った趣きがあるアイテムですよね。
 (`・ω・´)b
 



●普通のヨシダ さん
どーもですアサウラ先生!今まで応募系に一度も当たった事が無いので今回は絶対に当ててやろうと思います! それと、今度国語表現っていう授業でSEGAについて語ろうと思ってるんですけど、万人受けするようなネタが思いつきません…なので、出来たらアドバイスお願いします。


 (`・ω・´) 応募さえすれば、結構な確率で当たりますよ、マジで! 大丈夫!
>国語表現
 ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル すでに時既に遅し状態だと思いますが……。
 えっと、(少なくとも昔の)セガは『面白いことに一生懸命だった』ということだけは覚えておけば、大丈夫だと思いますぜ。



●カイ さん
新刊読みましたー。面白かったです。
次で無理して終わらせなくていいんですよ?(´・ω・`)


 ありがとうございます!!
>次で無理して
 ( ;゚ω゚)いや、別に無理しているわけじゃないんですが……まぁ、その……確かに経済的にいって来年から私の収入が不安になりますが……どうしようもないのさ。
 グダりながら長々やるよりは、きっちりとね。


●jet さん
読み終えました!泣いちゃいましたよ(´;ω;`)ベン・トーは初めて買ったラノベなので特に思い入れが・・・終わるのは寂しいので次巻は遅くなって欲しいくらいです。あと梗ルートもお願いいたします(゚∀゚)


 ヽ('∀`)ノ そこまで大事に読んでいただけてアサウラは幸せ者であります!
>次巻
 春ぐらいには……。
>梗ルート
 ……が、がんばってみます……?



●MM さん
笑わせてもらったし、感動もさせていただきました!しかし厚いし、黒い(笑)この調子でホラ〇ゾン超えを目指してみては?(^-^)それから無理して次で終わりにしなくていいんですよ。゚(゚´Д`゚)゚。


 '`,、('∀`)'`,、 厚くて黒い……即ちお得なのさ!
 何より紙を無駄遣いしないから、エコでもある!!
>目指してみては?
 (´・ω・`)……アレは、印刷所の人が嫌がるので、無理ですなぁ……。
>無理して次で
 ( ;゚ω゚) 別に無理しているわけじゃ……。


●埜 さん
11巻&アラカルト、美味しく頂きました。前半の先生大活躍シーンは熱い展開の連続で久々に大興奮でした。ラストにはちょっと衝撃を受けましたが、1巻から積み上げてきた佐藤の想いを思えばむべなるかな、と言ったところでしょうか。次巻が待たれますね。ところで私が買い求めに向かったアニ○イト渋○店。発売日当日なのにアラカルトがどこにも平積みされてなかったんです。「まさかこんな人気になっているとは・・・・・・」と驚きつつも、店員さんにまだ在庫があるか聞いてみたところ、暫くしてバックヤードから出してきてくれました。ほっと一安心していると、店員氏、「ごめんなさい、 ま だ 陳列してなかったもので」と一言。えっと・・・・・・今20時回ってるんですけど・・・・・・開店は11時からですよね・・・あれ?あ、11巻はちゃんと目立つ位置に陳列されていました!「 電 ○ 文 庫 」の棚に・・・・・・(´・ω・`)


 お買い上げ、ありがとうございます!
>の棚に……

 ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル ま、まぁ、若干背表紙とか……似てますし……ね?
 しょうがないしょうがない……うん。




●アムタカ さん
知人に薦められベン・トー読みました。土日で1・2卷を読み終え今日3・4卷を買ってきます。今年中にアニメまでみるのは難しそうです。今までこんな面白い作品を見逃してたとは残念です。これからも頑張って下さい


 ヽ('∀`)ノ ワーイ この時期になってもなお、新しい読者さんが……!!
 布教活動してくださる皆々様には、足を向けて寝られません!
 知人の方によろしくお伝えください。
 そして今後とも末長いお付き合いの程をお願いいたします!!




●鶏そぼろ さん
アサウラ先生、11巻とアラカルトも読みましたよ。厚い、そして黒い。最終決戦に相応しい大ボリュームですね!スーパーに溢れる幸せも楽しみも、悲しみの涙も全部楽しませていただきました!シリアス分多めの青春らしい苦い味わいの展開に熱いバトル、バトル、またバトル、あれまだバトルが終わらない……時間を忘れる勢いで読みましたよ、ええ。大団円、角が立たずに皆ハッピー、と言い切るには複雑すぎる人間関係でしたが、それも青春。痛みを乗り越えた彼らが見られるのか、終わってしまうのは寂しいですが最終巻を楽しみにしています。足りない茉莉花成分とおっぱいとギャグはアラカルトで補給しましたしね!あとどうでもいいことですが、鏡が鶏そぼろ弁当食べて……女子高生に食べられ……最高にハイ!ってやつですね。


 お買い上げいただき、ありがとうございました!
 満足いただけたようで、私の方としましても嬉しく思います!

>鶏そぼろ弁当
 (`・ω・´)b 鏡より、ごちそうさまでした、とのことだぜ!!





●UG さん
こんばんは。二度目の投稿すみません。ベン?トー11巻読みましたよ。…すごく、厚かったです…夕方のバイト後に読み始め、深夜に至るまでかなり時間がかかりました。感想は本当に最高の一言!白粉先生にまさか感動させられるとは。そ


 ヽ('∀`)ノ 満足いただけたようで、何よりッス!!




●立花道雪 さん
お疲れ様で御座います。 まず始めに一言。 まだ最終巻にはならないって、十一巻で、言ってたじゃないですかーっ!!(泣) ……いえ、十二巻はでるようなので、最終巻ではないんでしょうが。流石作家様、見事な叙述トリックにまんまと引っかかりましたよ…… と、自分勝手な愚痴はこれくらいにして。 最終章、大変堪能させていただきました。忙しさから発売日当日とはならなかったものの、休日を利用して一気に読ませて頂きました。ええ、まさか冒頭シリアスからいきなりち〇こネタをぶっこんでくるとは流石アサウラ様と言わざるを得ないですね(笑) それでもやはり最終章。ヒロイン分、シリアス、そして笑いと多大な文章量に余す所無く詰め込まれたまさに傑作でした!!  やはりまだまだ続きが、最強に手を掛けておきながら坊主や顎鬚にボコられる佐藤君や、佐藤君と白粉さん読みたい気持ちは強くありますが、佐藤君も言っている様に、先に進む為の一つの区切りなのでしょうね。 とはいえ、次の、本当の最終巻はでるわけですし、タイトルから察するにヒロイン分盛りだくさんな後日談を心から楽しみに、早春を楽しみに待ちたいと思います。 最近は一際寒くなってまいりましたが、どうかお体に気をつけて頑張ってください! 長文、失礼致しました
一部書き足し中に投稿してしまいました。 坊主や顎鬚にボコられる佐藤君や、佐藤君と白粉さん、槍水先輩との本気バトル、真希乃さん達を含めた東区、西区の狼達とのバトルを見たかったです。 蛇足ながら、付け加えさせて頂きたく


 お買い上げいただきまして、ありがとうございます!
……まぁ、結果的にトリッキーなあとがきになってしまったのは、いろいろと仕方ない事情があったんですよ。うん。
>12巻
 ( ;゚ω゚) うーん、戦闘シーンはもしかしたら入らないかもですが……ともかく、お楽しみに、という感じです。
 ご、ご期待ください。



●赤瀬 さん
どうも赤瀬です。以前のコメントで変なこと言ってしまって申し訳ありませんでした。本日は、アサウラ先生に少し質問を伺いたいと思います。一つはスーパーダッシュ&ゴーのベン・トーの更新はもうないでしょうか?二つ目は今後のベン・トーのサイン会は予定しているでしょうか?以上が自分が気になる質問です。すいません、どうしても気になるもので・・・・それでは、今日はこれにで失礼します。ベン・トーとデスニードラウンドの執筆を頑張ってください。


>SD&GO
 ( ;゚ω゚)……多分、ないかと。とりあず現状予定はないっすねぇ……。
>サイン会
 うーん、「やらない?」と問われると、確実にやらせていただくのですが……これは作家がどうこう言っても仕方なくて、出版社または……というか、特に書店さんの方の判断になるので、書店さんが「やりませんか?」と言ってくださるようなら、なんとか……という感じですね。
 なので、私からは何ともかんとも。


●みそしる さん
梗に救いはないんですか!!?


(`・ω・´)b アサウラを、信じろ!



●ゴリ さん
最新刊読みました、ラストにやられましたww石岡君なにやってんだwしかも二つ名が酷過ぎるwww楽しませていただきました。


 ありがとうございます!!
 石岡君はどこに行っても石岡君なのですよ!!


●御影 さん
読みました!で、すげーかぁこいいとか思ってたら11巻のあとがきが、ね?えぇとあれかなベン・トー2とか始まるのかな?はっはぁーん主人公はあとがきの二人か茉莉花だな?とか現実逃避してたんですけど…。あ、あとボーダーブレイクiPhone版落としました。イベントまで頑張ろう。


 ( ;゚ω゚) お、おちつくのだ……。
 まずは現実を見つめて、変な期待というかプレッシャーは……その……。
>ボダ
 (`・ω・´)b いいね!



●クロ さん
すみません。間違えて送信してしまいました。ベン・トー11巻、読ませていただきました。とても熱くて、最高に面白かったです。白粉先生の活躍で興奮し。でも、負けてしっまた事に目頭が熱くなり。佐藤が立ち上がり特訓していく中でのパッドフットや元猟犬群の山原の登場に嬉しくなりました。昔のライバルキャラの再登場はやっぱいいですね。《アーサー》はアブラ神だったと言うのに驚いたりもしました。最終決戦は佐藤のカッコいいことったらないです。アサウラ先生がラブコメに期待しないで下さいと言っていたので、誰とも恋仲にならないと思っていたら。先輩とくっついたのだ驚きでした。エピローグの《変質者》石岡勇気には爆笑させられました。次巻が最後なのが寂しいですが、楽しみにしています。デスニードラウンドも待っています。執筆頑張って下さい。


 お買い上げいただきまして、ありがとうございます!
 白粉先生の活躍も、気に入っていただけたようで嬉しく思います。……実は白粉先生はかなり早い段階であのクラスに至る予定があったのですが、気が付くと単なる先生としての活躍がメインに……。
 '`,、('∀`)'`,、 まぁ、結果的に(筋肉刑事が)盛り上がりましたし、11巻でのインパクトに繋がったかな、ということで全て今は満足しております。
 かつてのボスキャラ登場は、シリーズ物になった時からの夢だったので、無事実行出来て良かったとです。
>くっついた
 (´・ω・`)……………………くっついた? 誰が? ハハッ、あぁ、鏡と二階堂ですか? それとも……いやいや、佐藤君はまだ誰とも(ry



●山原 さん
ベン・トー11巻、通勤の行き帰りと読み続け、ようやく読了です。上野駅の件を見た日には、毎日乗り換えで使っている+トイレ使用しているので、ガクブルでしたが、クライマックスということで、お疲れ様でした。オルトロス派の自分でしたが、納得のラスト…ってまだ終わりじゃないですね、ええ、納得でした。えりかの進学先が一番意外でしたが。そうそう、また「みこと」こと、ウルフズベイン(Wolfsbane)がペイン(Wolfspain)になってましたので、ご報告まで。もうみことはpainでいいんじゃないか…と思いつつあります。ちなみに、自分はRipper's night、かなり好きなエピソードなので、ラストシーンで、ああ、もうすぐ終わりか…と寂しくなったところに、ジャック・ザ・リッパーがちらりと登場しているので、うってかわってニヤニヤしてしまいました。ラストといえば、石岡君のその後にも噴出しそうになってしまいました。話題は尽きませんが、最終巻も、楽しみにしています。鏡の返事の結果は…もちろん明かして頂けますね?最後に、まさか自分と同じ名のキャラが出るとは思わず、ハンネにも使わせて頂いていますが…山原△もとい、山原さんかぁこよかったです!


 お買い上げいただき、ありがとうございます!
>上野
 (´・ω・`)……ほぅ、あのホームのトイレをご利用の方……つまり……。
 センパイッ、お疲れ様ッス!!
>ウルフズベイン
 ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル ち、ちくしょう……ちくしょーーーーーー!!!
 ご指摘、マジでありがとうございます。重版の際に、修正させていただきます。
>リッパーズナイト
 おぉ、あれをお好きでいらっしゃいますか! ありがとうございます!
 山原さんのような方にニヤッとしてもらえて幸いです。




●さちうす さん
最新刊発売、おめでとう御座います。すばらしき「極み」、堪能させて頂きました。個人的にはデレた白梅様が思わず一番好きなキャラになってしまう程素敵でした。このライトノベルに出会ってから5年、学園祭休みにふとノリで岐阜から夜行バスでトークショーを聞きに行ったあの時から2年の月日、本当に早いものです。食に対する真摯な思いが伝わってくる弁当描写、いつも空腹にもだえながら読ませて頂いておりました。最終巻も期待しております。お体に気をつけて、執筆がんばってください。応援しております。


 お買い上げいただき、ありがとうございます。
 そして、楽しんでいただき、感謝の極み……!!
>白梅様
 実は白梅は、当初あぁいうポジションでして……どちらかというと白粉先生がサブキャラ扱いでした。
 言うなればバトルフィールドでは佐藤、外の世界では白梅様が活躍してお互い目的を達成せんと奮闘していく……的な。
>トークショウ
 ( ;゚ω゚) 岐阜からわざわざ……あ、ありがとうございます!
 最終巻もいろいろと頑張らせていただきますので、最後までさちうすさん、よろしくお願いいたします!



●ここやま さん
今更ながらなのですが「犬とはさみは使いよう」の作者である更伊俊介さんととても仲が良いようですが、やっぱり出版社の違いはあれど二人は絶妙な笑いを生み出す者同士プライベートでも一緒に出かけたりしてるんですか?


 (´・ω・`)出版社の違いって、実はあんまり関係ないんですよ?
 どちらかというと、性格が合うかどうかはもちろんですが……私らの場合、会いやすい環境かどうか、ってのが重要だったりします。
 (片割れだけですが)更伊さんとはある理由から結構会いやすいってのと、更伊さんの人柄の良さから仲良くさせていただいております。
 よく一緒に並んで執筆したり、飯喰いに行ったり、遊びにいったり……って感じですねー。




●ここやま(覚醒) さん
送る順番を間違えてしまいましたが、最終巻(本編)読みました!!! 魅力的すぎる女性キャラ達で有名なベントーですが、クライマックスともあっていつもより一段も二段もかわいくなってました!特に自分の中で白梅様とウッちゃんそして白粉が魅力大爆発になっていて、歴代の強敵たち、そしてもちろん佐藤達もすごくかっこよくて逆にかっこよくないキャラが見当たらないほどでした!!!レッドなんていなかったんや……   ところですごく気になっているのですが最後の《変質者》の弟子?に当たる新しい世代の話のときにウッちゃんの隣にいた人は何者でせうか?場合によって地元の初登場巻からのウッちゃんファンを集めて先生宅にダイナミックエントリーを決行する覚悟でごぜーます。


 お読みいただき、ありがとうございます!
>レッド
 ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル レッド最高にクールやったやん!! 一番かっこええで!?
>ウっちゃんの隣
 隣にいたんとちゃいます、ウっちゃんをつけ回しているジョニーとです。
 なので、ウっちゃんは未だにフリーですよ?

 



●ぽんた さん
漸く最新刊を読み終えました。いつもよりも更に倍増したボリュームでしたが、読むのはいつもの二倍以上かかってしまいました。まず白粉が魔導師に立ち向かうシーンでもう大興奮してしまって、戦闘終了と同時に私も燃え尽きて一回休み。そして次にオルトロスの登場シーンで胸の熱くなる展開と双子の可愛さに感極まって一回休み。そして半額神たちの宴を読みながら、自分自身も今までの巻を振り返ってしんみりして一回休み……みたいな感じで、なかなか進まなかったです(笑) とにかく各キャラの魅力がいっぱいに詰まっていて、今までの総決算にふさわしいお話でした。素晴らしい最終話を読めて大満足であるとともに、これでベン・トーのストーリーが(まだ12巻がありますが)終わってしまうかと思うと寂しくもあります。さておき、今までお疲れ様でした。そして、素晴らしい作品をありがとうございました。次巻も楽しみにしています! (追記:ベン・トーアラカルトの高校生茉莉花がすごく可愛かったです)


 お買い上げいただきまして、ありがとうございます!
 (`・ω・´)b 様々なシーンを楽しんでいただけたようで、私もホッとしております。
 実際作っていると、楽しんでいただけるのか、喜んでいただけるのか……それがわからないものでして。
 ともかく、ありがとうございます!
 最後の12巻もお楽しみいただけますよう、頑張ります!
>茉莉花
 (`・ω・´)b



●ぐも さん
感想書こうと思いましたが、溢れ出る想いが多すぎて上手く文章になりません。 一巻を店頭で見つけて、毎回発売日をまだかまだかと待ち続けて……そんなのがずっと続くと錯覚してました。 物語はハッピーエンドでしたが、文章の中で動きまわるキャラ達に会えなくなるのはやはり寂しいですね。 (…残りの一巻は、後日談を1000頁くらい書いてくれるはず……) (`・ω・´;) 楽しみにしてます。



 そこまで作品やキャラ達を愛していただき、ありがとうございます。
 ベン・トーが終わった後も、キャラクター達は皆様の心で生き続けてくれるはず。……後は妄想でカバー!
>1000頁
 ( ;゚ω゚)……何年もかかりますな……。





拍手する


























IMG_1428.jpg


 天気の良い朝は、行きつけのカフェに行く。
 そこの窓際のカウンター席に座り、アイスコーヒーと朝食代わりのレアチーズケーキを食べるのだ。

 そうして一日が始まり、仕事が始まる。
 物語を紡ぎ、夢を(ry

























 新刊発売からいろいろあって、ちょっとばかし間があったね!





 (`・ω・´) そう、アサウラさ!






 今回はまだ安心のネタバレなし更新だぜ!!









 そういえば本が出たってことは……皆さん、間違い探しは楽しんでくれているかな!?



 誤字脱字、おかしな表現を探す脳トレ、というか国語の勉強さ!!

 それらを見つけて拍手コメントでアサウラに送ろう!






 ヽ('∀`)ノ 一粒で二度おいしい!! それがベン・トーさ!!











 ……重版されたら、修正させていただきます。

























 とりあえず、やっておくべき告知から!










 本日12/6より、コラボ企画――


『ボーダーブレイクmobile ―疾風のガンフロント―』
(AndroidでもiPhoneでもお楽しみいただけます )


 ――が始動する……はず!!


 この文章を書いている時はまだのようでしたが、皆さんがご覧になる時には始まっているのではないでしょうか?
 柴乃さん描き下ろしの、ボダブレの世界に迷い込んだ佐藤、著莪、槍水、あせび、沢桔姉妹の活躍をご覧ください。


 シナリオは私、アサウラの書き下ろし。
 そしてキャラクターも柴乃さんの描き下ろしです!



●クリックで詳細が載ってた記事をご覧いただけます。







 続きまして。



『極みフェア』について!!




●柴乃櫂人描き下ろしお風呂ポスター 100名


●柴乃櫂人直筆イラスト入り電子レンジ 10名





 皆さんご存じのように、この手のものは応募総数が結構少ないので、割と当たります。






IMG_1374[1]





(`・ω・´)b 柴乃さん直筆のイラスト入り電子レンジが当たる!!



 電子レンジの上って、本当は置いちゃいけないけれど、いろいろ置いてしまうもの。
(…っていうか、電子レンジのデザイン的に置くなと言っているクセに置きやすいように明らかにデザインしていますよね)



 そこに柴乃さんの作品が……!!




 ……当たった人は、どうやって設置するのか、見てみたいとですな。
 絵が見えるようにすると、電子レンジとして使えず、電子レンジとして使うと絵が見えず……。
 (´・ω・`)







 それはそうと、ベテランの皆様はご存じの方も多いかと思いますが、千葉のときわ書房さんではベン・トーとデスニードラウンド1、2のサイン本が通販されております。


 送料500円がかかってしまいますが、地方でサイン本が欲しいのに手に入らないんだZE!! っていうナイスガイな皆様は、ご利用なさってみては?





●ときわ書房さんはこちらをクリック




















 さて、話は代わって。









 みなさんの中にはご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、富士見のドラゴンマガジンの告知で、龍皇杯なるものに私の名がありました。


 ……が、これ、思わず私も笑ったのですが、エントリーしている作家さん、私以外基本富士見系の作家さんばかりっていうね!!

 私一人だけ富士見さんで本を出していないっていうか、非角川な作家っていうね!!!



 このアウェー感!!!



 ( ;゚ω゚) しかも、もう作品は仕上がっているのですが……コレ、最初は単にドラゴンマガジンに載せるための短編を……的なお話だったので、私のように富士見さんで本出していない身からすると、その後に短編がまとまって一冊になる可能性も低いので、結構変なものをぶっ込みやすいのですよ。


 いえね、途中で、確かに「昔龍皇杯というものがあって……」という話は聞いていたのですが、まさかまんま龍皇杯だったとは……! って感じでして……。





 要は、読み切り短編のつもりで……。





 まったく人気取れない内容のもの書いちゃったぜ!!


 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ / \



 アウェーの中での、この作風……!!





 (`・ω・´)b なお、そんな状況の龍皇杯は1/20に発売されるドラゴンマガジンにて掲載予定です。



 皆様、ご覧いただけたら幸いです。








 ってなわけで、皆様、ベン・トー11巻とアラカルトを購入し、応募して電子レンジを当てつつ、間違い探しをして、ボダブレのガンフロンティアで遊ぼう!!!






拍手する