アサウラの生存観察室

皆様の優しさによって生かされている者の記録です。

 みなさん、どうも、アサウラです。

 とりあえず、何かいろいろやっていてまだコメント返信が出来ていない状況なのですが、取り急ぎお知らせをば。



 どういう経緯があったのか、何故かまんたんウェブさんにて、担当様がベン・トーに関連してインタビュー?を受けられております。

 何にせよ、ありがたいとです!!

●<詳しくはこちらをクリック>●

 大本が毎日新聞さんであり、さらに他のレーベルの編集さんの応答を見るに、ふざけたこと(ありのままの事実をありのままの表現)は書きづらいということで、比較的まじめな感じでベン・トー制作時の事が書かれていますが……。



 (´・ω・`)……現実はベン・トー1巻のあとがきの方がより忠実です。えぇ。間違いなく。



 あのぶん投げ具合を『打診』と呼べるところが、言葉のマジックです。
 一巻のあとがきと比較することで、馬子にも衣装、というようにどんな事実も表現次第で如何様にもニュアンスが変わるのだということをここから学ぶことができるのではないでしょうか。



 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ / \




スポンサーサイト