アサウラの生存観察室

皆様の優しさによって生かされている者の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「めっちゃうまいよ~!」
「大盛りにするよ、アニキ~、プロミスプロミス!」


 そんなナイスなかけ声で人々を誘う魅惑のお店、『モーゼスさんのケバブ』。
 上野にある小さい店舗なんですが、基本的に常時行列が出きているお店です。
 もう、ね。ここのケバブーのおいしいことおいしいこと。一度行ったらやみつきになります。

 始めて食べた時は、大学の先輩と真っ昼間の上野をフラフラ~と観光していたら、その怪しげでありながらも思わず意識が行く魅惑的な呼びかけに誘われて思わず買ってしまって……そして盛大にハマったわけなんですが……
 いやぁ、ホントにドハマリなんですよ。その日の夜にも行ってしまうぐらいに……

 そしたらモーゼスさんと思しき人が昼間のテンションを100%とすると、だいたい15~20%ぐらいにパワーダウンしていて……思わず、笑う。
 味は変わらずでしたけどね。

 で、なんでこんな話をしているかというと、今朝、テレビでそのモーゼスさんのお店が紹介されていたんですよ。店員さんは大体6~7人?ぐらいいるんですけど、ぶっちゃけて誰がモーゼスさんかわからなかったんですよね。
 てっきり、始めて食べた際にやっていたトルコ系?の店員さんがモーゼスさんだと思っていたら、どうやら黒人の店員さんがモーゼスさんだったそうで……何か、残念な気持ちに……。

 え~……はい、それだけです。
 オチ? そんなものはな(以下略
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。